Sponsored Link

自分を変える方法―人生を変えたいならこうしよう

[how-to, 性格]
公開日:2015年3月4日

自分を変える方法

あなたは変わらない人間がいると思いますか?
正解は変わろうと思えば変われるし、変わろうとしなければ変われないんだと思います。

自分を変えたいと強く思ってもなかなかうまくいきませんよね。
自己評価の高低は誰にでもあるでしょうけど、欠点はひとつもないから変える必要はないと思う人はいないでしょう。
欠点とは個性でもあり、悪いところばかりではないのかもしれません。
しかし、直したい癖というのは探せば誰にでもあるものです。

人生を変えたいとまでは思わなくても、自分を変えたいときはあります。
しかし自分を良く変えられたら人生はより良いものになります。
自分を変える方法あるし、人生は変えられるんです。

自分を変える方法―人生を変えたいなら

1.自己分析

人生を変えたいと感じるときはどんなときでしょうか?
自分を変える方法を探すときはいつでしょうか?

大抵は自分に不満を感じたときですよね。
誰かと比べて今の自分に情けなくなったときかもしれませんし、大きな失敗をしたときかもしれません。

そう思ったのなら、それはなにも悪くないです。
むしろ気付けて良かったじゃないですか。

自己分析をするいい機会なので、良いところも悪いところも知りましょう。
どういった人間なのか。
「ぼくはこんなときに悲しんで、こんなときに喜んでいたんだ」
改めて知ることはたくさんあります。

その中で今一番大事なのは、理想の自分とのギャップを知ることです。
「本当はこうしたいのに」
誰かに嫉妬しているかもしれませんね。
「こう出来ればいいのに」
そう思ったら事柄を忘れずに覚えていてください。
忘れそうならメモしてください。

それが変わろうとしている部分です。

2.嫌いと向き合う

多かれ少なかれ、自分の中で嫌いな部分はあります。
性格かもしれませんし、外見かもしれません。

どちらにせよ、自分には変わりありませんよね。
「嫌いだから捨てよう」というわけにもいきません。

嫌いだけど大切な一部です。
嫌だとしてもちゃんと見て、知ってあげましょう。

肯定する必要はありませんが、否定する必要もありません。
ただ受け入れるだけです。

3.ポジティブに変化しよう

自分を変えようとするときって大抵ネガティブな思考なんですよね。
「ここが嫌だから変えたい」というような感じです。

それだと良くありません。
動機をもっと前向きなものと捉えましょう。

現状の自分に不満を抱いているのは成長したがっている証拠です。
人は成長しようとしたときに、自分を変えたいと感じます。

成長するには良いことばかりではありませんし、辛いこともあります。

筋肉痛は痛いだけではなく、筋肉が増える(成長する)前兆ですよね。
難しい本を読み進めるのが辛いときも、新しい知識・概念を理解しようとしているのです。

あなたもそういう経験をしてきているはずです。

順風満帆な人生を歩んでいたら人は成長もしません。
人生を振り返ると良いことばかりではなかったはずです。

それを今更、嫌だと感じるのではなく、成長しようとしていると気付いてください。

4.具体的に取り組む

「1.自己分析」でメモした項目があると思いますが、全部を一度に変えるのは無理だと思ってください。
その中で変えれそうな項目を1つ選んでそれだけに集中しましょう。

「大きい声でしゃべれない」のならそれだけを意識しましょう。
1つだけ改善するのなら簡単です。
ちょっとした動作でも構いません。
ぼくは「えー……」と言ってしまう癖があったんですが、それだけを治すのなら一週間もかかりませんでした。

「身体的コンプレックスが原因で人の目を見て話せない」という場合があるかもしれません。
ただ、やってみるとわかりますが、目を見て話したところでなにも思われませんよ。

コンプレックスは自分に自信がないために、必要以上に気にしていることがほとんどです。

5.セルフイメージ

誰もが普通にできることが、ある人はできないときがあります。
その人が劣っているからではなく、心理的に不可能だと思っている場合です。
自分の思い込みで行動が制限されるんですね。
これが非常にやっかいなので、セルフイメージを変える必要があります。

この場合は「4.具体的に取り組む」での具体的な項目を簡単なものに設定しましょう。
簡単と言っても今までの自分なら出来そうもない、少し勇気がいるような行動ですね。

それができればセルフイメージが変わります。
ひとつができれば行動できない自分から行動できる自分になり、とんとん拍子で進んでいきますよ。

自分を信じる

最後に、自分を変える方法は自分を信じられないと絶対に変わりません。
いくら嫌いだと言っても自分は自分。

自分という全体を見たときに自分を信じて、好きでいてください。
「嫌いなところはあるけれど、それを含めて自分が好きだ」
そう考えることができれば、自分を成長させるためになんだってできます。

Sponsored Link

 

ピックアップ

  • 口の中が苦い!変な味がして不快なときの原因 病気の可能性もあります
  • 気を使うのが疲れる、めんどくさいときは考え方を変えよう
  • 人前で緊張しない方法9つ 対策とコツは意識するだけでも効果がある
  • 目の疲れに効くツボ―パソコンやスマホで酷使した疲れ目にも効果抜群!
  • 要領が悪い人の特徴と改善方法―横着なことしていませんか?
  • このページの先頭へ