Sponsored Link

感情をコントロールできない人の6つの原因・共通点―病気の可能性も…

[コミュニケーション, 性格, 生活]
公開日:2015年2月16日
最終更新日:2015年2月18日

感情コントロール

我慢は覚えましたか?
自分をコントロールできていますか?

今回は感情をコントロールできない人の原因と共通点を見てみたいと思います。
これがわかればどこに注意すればいいのかわかりますね。

完璧に自分の感情をコントロールできる人はなかなかいません。
いるのかどうかすらわかりません。

感情をコントロールできない人の原因・共通点

Sponsored Link


余裕がない

時間・経済的・処理能力など数多くありますが、それらに余裕がないと人は感情的になってしまうのです。
処理能力や時間はわかりやすいですね。
あたふたして周りが見えなくなっている人は大抵これです。

経済的余裕は意外かもしれませんが、これが原因で結構ストレスを溜めている人もいます。

なにごとも余裕を持ちましょう。

切り替えができない

ひとつのミスをして立て続けにミスをしてしまう。
誰でも経験があると思います。
これは切り替えができていない証拠ですね。

これと同じで全然関係のないことを気にしてしまって、感情的になってしまう場合があります。
切り替えができるとは、気分や感情もしっかりと分けないといけません。
いつまでも気にするのではなく、一旦保留が必要ならメモを残し、今はとりあえず忘れてしまいましょう。

ストレスを処理できない

誰だってストレスを感じて日々生活しています。
そのストレスとうまく付き合っていかないと感情が爆発してしまいます。
映画を見て泣くとか、友達とバカ騒ぎするとか、スポーツで汗を流すとかいろいろ対処しましょう。

なにもしないとどんどんストレスは溜まります。
誰かに相談するだけでも結構違いますよ。

考え方が狭い

感情をコントロールできずに我を忘れて言動が荒くなるのは、それをするメリット・デメリットを考えれていないんです。
一人だけスッキリするかもしれませんが、周りは大迷惑です。

物事ひとつにしても、固執した見方をする。
極論・特殊例を一般化してしまう。
こうなったら要注意ですよ。

物事はいろんな考え方ができます。
冷静になって広い視野を持ちましょう。

人と意見が食い違うのは当たり前なんです。
上手くいかないときだってありますよ。

人に操作されやすい

感情をコントロールできない人が気付いているかどうかわかりませんが、この手の人間は操作されやすいです。
衝動買いが多い人は自分が欲しい物があると我慢ができません。

乗せられればすぐに実行しちゃうし、怒らしてしまえば冷静な判断ができなくなります。
こちらが身の上話をすれば、だいたい親近感を抱いてくれます。

怒っていると思っていても、もしかしたら怒らされているのかもしれません。

ホルモンバランス

女性に多いホルモンバランスの乱れによる情緒不安定。
ホルモンバランスの乱れは月経周期に伴うものです。

月経周期を把握して、その間はあまり予定を入れずにゆっくり過ごせるようにしましょう。

男性でも四十代以降はホルモンバランスが崩れて、感情の起伏が激しくなります。

病気の可能性もある

ここまでの原因はそのほとんどが主観にあることがわかりました。
しかしそれ以外にも感情をコントロールできない原因があります。

感情をコントロールできない病気

  • 人格障害―――情緒性人格障害
  • 統合失調型―――分裂感情障害

人格障害は精神疾患とも言えませんが、いずれも病院に罹ってみないと判断ができません。

「どうしても感情を抑えられない」「ちょっと自分はおかしいのかもしれない」と思ったら、一度診てもらうべきです。

Sponsored Link

 

ピックアップ

  • やる気の出し方・モチベーションの上げ方には2つのタイプがある
  • 目の疲れに効くツボ―パソコンやスマホで酷使した疲れ目にも効果抜群!
  • 歯ぎしりの原因はストレスや疲れだけじゃない?性格との関係も?
  • 立ち仕事で足が痛い!むくみ・足の疲れを取る方法と痛くならない方法
  • 人生やり直したいなら自分改革!4つのポイントを意識しよう
  • このページの先頭へ