Sponsored Link

間違った謙虚な姿勢は嫌われる!謙遜しすぎのデメリット!

[性格]
公開日:2015年2月12日
最終更新日:2015年2月18日

1

あなたは謙虚さを大事にしていますか?
よく日本人は謙虚だと言われることがありますよね。
日本人が実際に謙虚かどうかはさておき、謙虚であることが謙遜すること、と捉えている人がかなり多いのではないだろうか。

謙遜というと単純にごまをするような印象があったりする。
他には、意図していなくても自分を低く評価するのもそれだろう。

さらに、謙遜だけならず、謙虚な姿勢が自分を卑下することだと思っている人さえいるのが現状です。

間違った謙虚な姿勢とは?

一般的に多そうなのは、褒められた時にそれを受け止めないことが謙虚だと思っていることだ。

なにかを褒められた時なんてとくにですよね。
「自分なんて大したことないですよ」

こういった発言すべてが悪いわけではありません。

仕事の頑張りを褒められた時に、全力で頑張っているにもかかわらず
「自分はまだまだ頑張りが足りません」
なんて言ったりするくせに、誰が見ても仕事ができる人もいます。

ただ、これは謙虚じゃなくて、仕事に対して貪欲なんです。

謙虚というのは相手の意見などを素直に受け入れることも含まれています。
「きみすごいね」
なんて相手が判断したことを軽々しく否定するのは、謙虚とは少し違います。

適切な自分の評価を客観的にでき、そして驕ることがない人が謙虚だと言えます。
褒められたのなら、素直に受け入れてお礼を言いましょう。
「自分なんかのどこがすごいんだろう?」
と思ったときは、どこがすごいのか思い切って聞いてみましょう。
(相手、状況によりますよ)

自分が思っている自分も、他人から見えてる自分も、どちらも自分です。

褒められて嬉しいときは、素直に受け入れていいんですよ。
そして「ありがとう」を付け加えておきしましょう。

Sponsored Link


皮肉や社交辞令に気を付けよう

あまりないことだとは思いますが、皮肉や社交辞令を言われているのに
「ありがとうございます!!」
なんて言っていたら、ただのバカですからね。
そこには気を付けましょう。

「○○さんは仕事で忙しいのに、髪型とかネイルとか可愛くて羨ましい」
「ミスぐらい気にするな。きみはいつも頑張っているだろう」
こんなのはただの皮肉やフォローですから、真に受けると非常識なやつと思われます。

謙虚な姿勢を忘れずに

露骨な「おれスゲー」のような人はあまりいないのかもしれませんが、
学歴や職業、年収、所有しているものを誇示する人だと割と多い気がします。

一方で自分を卑下したり、極端に謙遜している人も多いでしょう。

人に対して上から目線にならず、自分を正しく見ることができる人。
自分に必要なものを知り、学びを惜しまない人。
人の意見に耳を傾けられる人。

謙虚な姿勢を意識するだけで、周りの評価は驚くほど変わるでしょう。
もちろんすぐに変わるわけではないですからね。

Sponsored Link

 

ピックアップ

  • 生理前の気持ち悪い吐き気や頭痛の原因!症状をどうにかしたい!
  • 好きな人を忘れる方法 諦めるしかないときは仕方ない
  • ふくらはぎが痛い!ランニング、歩きすぎ、立ちっぱなしの痛みの治療
  • やる気が出ないスロースターターな人に読んでほしい名言15選
  • 結婚相手の条件―男性が後悔しないための女性の選び方
  • このページの先頭へ