Sponsored Link

結婚相手の条件―男性が後悔しないための女性の選び方

[how-to, 恋愛, 生活]
公開日:2015年3月25日

1

恋人としてお付き合いするのと結婚するのとでは、相手に求める条件が変わるというのは珍しくありません。
というかそうするべきです。
もちろん長い間付き合った彼女を結婚相手にするのも良いですし、否定するつもりもありません。

ただ結婚相手の選び方を、ただ単に長い間交際したからという理由だけで決めてしまっていいのでしょうか?
後悔しないための選び方を知っておくと、また違った一面に気付けるかもしれません。
「こんなはずじゃなかった」と将来後悔しないために、結婚相手の条件というのは大事なんです。

重要な条件は大きく分けて6つあります。

男性が後悔しないための結婚相手の条件6つ

一緒にいて楽ですか?

普通は結婚すればほとんどの時間を共有するわけですが、一緒にいてそれが苦痛になると別居や離婚するしかなくなります。
そうならないためにも、付き合っている段階から楽というのは重要な要素になります。
ちょっと頑張り過ぎちゃう、見栄を張ってしまうようならしんどいですよ。
ある程度だめなところもさらけ出して、それでも好きでいてくれる人は最高のパートナーになり得ます。
またお互いに、いろいろと言い合える方がストレスなく付き合えます。
自然体でいられる相手とは結婚生活も上手くいきやすいです。

価値観は合う?

結婚するとなにかと共有するものが増えます。
趣味があまりにも違い、頻繁に衝突してしまう可能性はありませんか?
味覚や金銭感覚、衛生観念や子供ができたときの育て方の違いなど我慢できないものも中にはあります。

事前にわかっているのなら心構えもできていますが、結婚してから知った価値観のズレは許容しにくかったりします。
一方で結婚してもうまくお互いが住み分けできるのなら問題ない場合もありますし、価値観の違いが良い刺激になるという人もいます。

Sponsored Link


一途で浮気はしない?

「将来にわたってその女性は自分だけを愛してくれるのだろうか?」
これは考えても簡単にはわかりません。
判断基準なんてあるのでしょうか?
少なくとも人を大事にする人、思いやりのある人とは人の気持ちをわかる人です。
自分のことを優先する人、わがままな人、気分屋な人は注意した方が良いかもしれませんね。

男女共に浮気癖は一生治らないと言いますが、あながち間違いではないと思っています。

ルーズな部分はある?

時間にルーズ、お金にルーズで約束も守れない人が結婚相手だとかなり苦労します。
愛を誓ったとしても、その約束すら守れない可能性もあるんですよね。

そしてルーズな部分というのは子供ができたくらいでは変わらない場合もあります。
生まれた子供は母親の影響を大きく受けます。
そう考えると、しっかりしている人を結婚相手に選ぶのは当然とも言えます。

熟年した女性がルーズでずぼらだともう最悪です。

自分の家族との関係は良好?

結婚すると家族との交流が増えます。
結婚相手の女性とあなたの家族の仲が悪いと大変です。
舅、姑が苦手という女性は少なくありません。
実際に自分の両親が悪くないのに、嫌いだからという理由で関係がぎこちなくなるかもしれません。
慣れていない他人と上手く関係が築けず、ストレスを溜めやすい人は要注意です。

良いところではなく許せないところは?

結婚相手を選ぶときに良いところを見て決めるよりも、悪いところから考えましょう。
その中で許せる、許せないを判断していきます。

「こういう人だ」というのを理解していると、いちいち苛立つことも少なくなります。

逆に良いところを中心に考えると、悪いところで幻滅してしまったり、ストレスを感じてしまい結婚生活すら破綻してしまうかもしれません。

あらかじめ相手についての性格などを把握した上で、しっかりと許容できるのか見極めが必要です。

まとめ

男性からすると(女性も?)結婚相手の条件に容姿を選ぶ人もいますが、条件としてはそこまで重要視しなくてもいいんだと思います。
ずっと一緒にいてくれる、安心のパートナーに容姿よりも大切な要素があります。
幸せとは目に見えない部分が大きいんですよね。

結婚相手の選び方をいろいろと書きましたが、結局は自分がこの人と決めた女性を愛せるのならそれはそれで幸せだとも言えます。

Sponsored Link

 

ピックアップ

  • 眠気覚ましの方法12個―眠いときに目を覚ますならやるしかない
  • 言いたいことが言えない―自分の意見を言うための8つの考え方
  • 気持ちの切り替え方―気になって仕方ない時は上手に気分を変えよう
  • 食欲を抑える方法9通り!食べ過ぎてしまう人は試してみて
  • 孤独感や疎外感を克服しよう―寂しさの解消方法10選
  • このページの先頭へ