Sponsored Link

「ポジティブになりたい」ポジティブになる方法8つ―前向きに考えよう

[how-to, ストレス]
公開日:2015年3月30日

ポジティブになる方法

ポジティブになれたらどんなに人生が楽しいだろう。
もっと物事を前向きに考えられたら明るい人間になれるのに。
そんな期待をしながら日々悩んでいるネガティブな人がいるかもしれませんね。

じゃあどうしてポジティブにならないの?と聞かれるとあなたはなんと答えるだろうか?
ポジティブに考えられない?
自分には無理だと思っている?
どうすればいいかわからない?

あなたが「ポジティブになりたい」と思ったのなら、ポジティブになるのは目前です。
その上でポジティブになる方法を紹介したいと思います。

ポジティブになる方法8つ

積極的な行動

ポジティブになりたいと言っても行動しないとなにも始まりません。
なにかと理由を用意して、行動しないようになるのがネガティブの悪い癖です。

積極的に行動すれば自分の人生をある程度は自分で決めているわけです。

流されるように人に決められるのではなく自分で決める。

そうすればひとつひとつの行動に責任を持つようにもなります。
最初のうちは怖いかもしれません。
「行動するのはいいけど失敗したらどうしようか?」
そんなふうに不安に思う人もいるかもしれませんね。

失敗は経験

失敗から学べることはたくさんあります。
そう考えると、失敗はすればするほど経験を積むことになります。
もちろんただ失敗するだけではなくて、学ばなければいけませんよ。

なにかを成し遂げた人というのは、学者にしろアスリートにしろ必ず失敗しています。
それも膨大な数の失敗の上に成功があるわけです。
一般的な成功者は何度失敗しても諦めなかったという点がかなり大きいんです。

失敗なんてものはなく、貴重な体験をしただけだ。
こんな感じの有名な言葉をエジソンが言っていますね。

守らずに攻める

ポジティブになりたいなら新しいものに目を向けよう。
好きなものだけを飲む・食べる、決まった通学・通勤ルートしか通らない、仲の良い人としか関わりを持たない。
それだけでも良いかもしれません。
でもそこから一歩踏み出してみてください。
安全地帯から一歩出ないとわからないことがあります。

わからないことを怖がるんじゃなくて、わからないことに興味を持ってください。

成功体験

失敗は経験、成功はなんですか?
成功は確実に自分の自信になります。
自信を持てると「もっとすごいことができるんじゃないか」と自分の可能性を信じられるようになります。

こうなれば良い循環が生まれますね。

たくさん行動して、新しいことに挑戦して、どう転んでも自分にとってプラスにしかならない。
そう思えたならまぎれもなくポジティブ思考ですよね(笑)
でもまだまだありますよ。

Sponsored Link


笑顔を心がける

生きていれば死ぬほど辛いときはあるし、泣きたいときだってありますよね。
その感情をコントロールするのはかなり難しい…というか少なくともぼくはできません。
そんなときに軽減できる方法は笑顔を作るんです。

ニコッと笑顔になりましょう。

今までにもっと辛い経験はなかっただろうか?
これから先もっと泣きたくなるような出来事だってあるかもしれない。

「今辛い気持ちはちょっとの間だけなんだからなんとかなる」
そんなふうに考えて微笑むと心がすごく楽になります。

ポジティブになりたいのに笑顔も作れないのでは楽しくならないでしょう?

批判を気にしすぎない

人からの批判ばかり気にしていては息苦しくて楽しめません。
「生意気だ」というような批判にしてもそこまで気にする必要はありません。

「生意気だったのかな」と自分を見直すきっかけにしてもいいですし、どこが生意気だったのか相手に聞いてもいい。
自分が悪いと思えばそこを改善して、自分が悪くないなら無視でいいんです。

相手の主張に耳を傾けるのは当然ですが、罵詈雑言は気にするだけ無駄なので基本的に無視です。

シンプルに考える

難しく考えてしまうと余計な不安や心配事が増えてしまいます。
慎重に考えた方がいいという場面もありますが、基本的に5分考えても答えが出ないのなら考えても無駄だと思ってください。

それ以上は物事をネガティブな方向に考えてしまいます。

人生の大きな選択において絶対に正解はありません。
日常の選択においても同じです。

長く考えれば良い結果が付いてくるわけでもないのです。
考えすぎてなにもできなくなってしまうくらいなら、直感を頼ってみてもいいんじゃないでしょうか。

ポジティブな人と関わる

ネガティブな人は人をネガティブにして、ポジティブな人は人をポジティブにします。
それならあなたの周りのポジティブな人と積極的に関わっていきましょう。

ネガティブな集団では否定的な意見が多いですが、ポジティブな集団では肯定的な意見が多いです。
自己肯定が苦手だとしても、人に肯定されていると自然と自己肯定できるようになります。

またポジティブな人と括らずに人脈を広げ、いろいろな人と交流を持つとあなたという人間に深みが出ますよ。

まとめ

以上、ポジティブになる方法です。
大事なのはポジティブになる方法の内容を完璧に理解することではありません。
日々の中で実行し、習慣にするだけです。
それだけで必ず今よりポジティブになっています。
前向きに考えることができているはずです。
ぼくではなく、自分を信じて是非とも挑戦してほしい。

他人と自分には明確な違いがある。
自分が裏切らない限り、信じれば必ず応えてくれるのが自分だ。

Sponsored Link

 

ピックアップ

  • 早起きする方法は簡単!早起きのコツはあった!
  • やる気が出ない?何もしたくない?やるべき対処法はこれしかない!
  • 汗っかきの原因と改善 対策を取れば誰でも治すことはできる?
  • 人付き合いが苦手な人の克服方法 まずは一人から
  • 平気で嘘をつく人たちの心理と対応―嘘つきを治す方法
  • このページの先頭へ