Sponsored Link

リラックス方法は呼吸だけでも簡単にできるって知ってた?

[生活]
公開日:2015年2月16日
最終更新日:2015年2月18日

1

呼吸を意識するだけですごくリラックスできるって知っていました?

「恥ずかしいとき」
「落ち着かないとき」
「興奮しているとき」
「緊張しているとき」
「悩んで苦しいとき」
「動揺しているとき」
「恐ろしく不安なとき」
「イライラしているとき」
「衝動を抑えられないとき」
「嫌悪して吐きそうなとき」
「焦って周りが見えないとき」
―――。

挙げればキリがありませんが、こういった冷静じゃない感情のときは呼吸が浅くなっているはずです。
これらの状況になったら一度確認してみてください。
呼吸は浅くなり、その回数は多い。

呼吸と脳は相互作用しているので、さらに感情が増幅されます。
逆に考えると、リラックスするためには呼吸からのアプローチも可能なんです。

誰でも簡単にできるリラックス方法は呼吸方法

呼吸を意識するだけで簡単にできるリラックス方法があります。
ですがその前に、呼吸について少し知っておきましょう。

知っている人も多いと思いますが、呼吸には胸式呼吸と腹式呼吸があります。
リラックス方法では腹式呼吸を使いますが、胸式呼吸がいらないわけではありません。
それぞれ使いどころが違うんです。

瞬発的な胸式呼吸

短距離走や激しいスポーツなど、瞬間的に筋肉を使う場合は胸式呼吸になります。
ストレスを感じているときは身の危険を察知し、身体がすぐに動けるように呼吸が浅くなっているわけです。

つまりこれは交感神経が優位な状態、臨戦態勢というわけです。

胸式呼吸は息を吸うと胸が膨らみ、お腹が凹みます。

持続的な腹式呼吸

寝ているときなどリラックスしているときは腹式呼吸になっているはずです。
その他に長距離走や激しいスポーツでもアスリートがゾーン(極度の集中状態)に入ったときも腹式呼吸です。
歌うときもこちらの呼吸法が望ましいです。

大量に酸素を必要としたり、リラックスするときはこちらを使います。

腹式呼吸は息を吸うとお腹が膨らみます。

これで二つの呼吸法の簡単な違いはなんとなくわかったと思います。
胸式呼吸は無意識のうちにやっている人がほとんどですが、腹式呼吸は訓練しないとできない人もいます。

Sponsored Link


腹式呼吸のやり方

誰でもできる一番簡単なやり方は仰向けでやることです。

・まずは仰向けになり、口から肺の空気を出し切ります。
 「はぁー」というようにゆっくりです。
 このときお腹が凹んでいることを確認してください。

・口から空気を出し切ったら、次に鼻から空気を吸います。
 このときにお腹が膨らむように意識してください。

※お腹が膨らんだり凹んだりしているのは横隔膜が動いているからです。

これを繰り返し行うだけです。
慣れれば座っても簡単にできるようになっているはずです。
それと最終的には空気を吐き出すのも鼻からにした方がいいです。

これができればあなたも完璧に腹式呼吸のリラックス方法をマスターしたと言っても過言ではありません。

いざ、リラックス方法を実践しよう

ストレスを感じてしまったときは、このリラックス方法を思い出して実践してみてください。
深い腹式呼吸をしながら口角を上げるのもポイントです。

呼吸に意識を集中させるとさらに効果があります。
理由は簡単、人間は単純だからです。
ひとつのことに集中してしまうとイライラしていた対象について思考できなくなるんです。

リラックス効果もあって、イライラする思考もストップできるなんて最高ですね。
人前で話すときなどの緊張しているときも同じです。
まずはリラックスして落ち着きましょう。

Sponsored Link

 

ピックアップ

  • 信用できない人の特徴・信用してはいけない人との付き合い方
  • 幸せになりたいなら試してほしい幸せになる方法9つ
  • 幸せになるために普段からできること、気を付けておきたいこと
  • 結婚相手の条件―男性が後悔しないための女性の選び方
  • 気にしすぎる性格・神経質な性格を変える方法はたったひとつだけ!
  • このページの先頭へ