Sponsored Link

心を落ち着かせる方法 不安やイライラしたときに効果的な呼吸法

[how-to, ストレス]
公開日:2015年3月20日
最終更新日:2015年5月18日

心を落ち着かせる方法

不安でどうしようもないときやイライラしすぎて正常じゃないときって嫌ですよね。
後から振り返ってみると、なんであんなに冷静じゃなかったんだろうかと感じてしまう。
とくにイライラはしたくないですからね。

不安や緊張というのは落ち着かせたいと思っていますが、怒っているときはそもそも落ち着かせようと思いません。
思うかもしれませんが止められないんですね。
冷静じゃないから怒らない方が良いとはわかっていても、怒っちゃうんです。

そんなときでも心を落ち着かせる方法はあるんでしょうか?

心を落ち着かせる方法

結論から言うと、ぼくはあると思っています。
それが呼吸法なんですけど、これをやったらもう安心というわけでもありません。
どこまで行っても自制心が関係してきます。

自制心とはまさに自分をコントロールする力です。
この自制心が強いと、呼吸法で一瞬冷静になったときにそのまま落ち着くことが出来ます。
逆に自制心が弱いと呼吸法で一瞬冷静になっても、「いややっぱり無理だ」となるわけです。

じゃあどうするの?

「でも…」「だって…」を考えないようにします。

呼吸法で一度落ち着いても「でもむかつく」「だって自信がない」となることがあります。
これらはせっかく冷静になろうとしている心・精神をまた動揺させようとしています。
平常心がベストなパフォーマンスを引き出してくれます。
「ま、いっか」と、とりあえず思うようにすれば解決できるかもしれません。
なるようにしかならないんだから、イライラしていても、不安だとしても肩の力を抜いて理想やこだわりは捨てましょう。

で、肝心の心を落ち着かせる呼吸の方法ですね。

Sponsored Link


心を落ち着かせる呼吸法

最初に呼吸法書けよって感じですよね(笑)
すみません。

紹介したいのは2つありますがぼくは『丹田呼吸法』を使っています。
どっちが効果的かは人それぞれあると思うので、どちらも試してみてください。

4・7・8呼吸法

アリゾナ州立大学アンドルー・ワイル博士が提唱した呼吸法。

  • 1.口は閉じた状態で、4秒かけて鼻から息を吸う
  • 2.7秒間息を止める
  • 3.口から8秒間かけて息を吐く

これをサイクルを4セット行う。
もちろんリラックスした状態で行ってくださいね。

丹田呼吸法

数々の教育に関する著書でお馴染みの齋藤孝が考案した丹田呼吸法。

  • 1.口は閉じた状態で、3秒かけて鼻から息を吸う
  • 2.2秒間息を止める
  • 3.鼻から15秒間かけて息を吐く

これだけですが、かなり効果があるんです。

もっと詳しく知りたい方はこちらの書籍を買ってみてください。

まとめ

どちらの呼吸法も頭の中で数を数えることに集中するというのがポイントです。
そうすると雑念が消え、なにも考えないという状態になるわけです。

普段から呼吸法を生活に取り入れていると、ある程度落ち着いた毎日を送れると思いますよ。
少しでもイライラしたり、ちょっとでも不安だなと感じたらやってみてください。
落ち着いた後の「でも」「だって」は禁止ですよ。

またこれらをやる上で、普段から腹式呼吸をしておくとさらに効果的です。
⇒『腹式呼吸のやり方

Sponsored Link

 

ピックアップ

  • 早寝早起きの効果とメリット8+1―毎日を充実させるために知っておきたい
  • イライラするときに効果のあるストレス解消法はこれ!
  • 部屋の片付けのコツは1つだけ―片付けられない人の原因と特徴
  • 理解力がない・頭が悪い―頭を良くする方法は難しくないんだよ
  • 眠気覚ましのツボ14箇所―眠くならない方法はこんなにあった
  • このページの先頭へ