Sponsored Link

自分に自信がない人が確実に自信を持つ12個の改善方法!

[生活]
公開日:2015年2月11日
最終更新日:2015年2月18日

1

自分に自信がある人とない人では人生が大きく変わってきます。

最初はほんの少しの違いかもしれません。
しかし自信がある人はどんどんどんどん進んでいきます。
逆にいつまでも自信がない人はどうでしょうか?

たぶんずっと同じ場所にいます。
自分を信じることができればいろんなことができるようになります。
その経験はさらに自分に自信を与えてくれます。

自分に自信がない人は、まずは自分に自信をつけましょう。

自分に自信がない人が確実に自信を持つ改善方法

喋り方

自信がない人はぼそぼそ…と口ごもった喋り方の人が多いです。
「間違ったことを言ったらどうしよう」
「否定されたらどうしよう」
そんなことから始まったのかもしれませんが、
大きく口をあけてはっきり話すことは誰にでもできる簡単なことです。

人より大きい声で話せとは言いませんが、人並みくらいのボリュームで喋りましょうよ。

小さなことからコツコツと

なにかをやりきったときに人は達成感を味わい、自信を持ちます。
一方、途中で挫折してしまうと人は自信を失います。
まずは簡単にできることを行い、少しずつ「できる自分」を知りましょう。

記録する

人との関係や自分の評価・成長は目に見えません。
目に見えないから無視するのではなく、自分の1日の変化を目に見える形で記録しましょう。
行動したのに自分は全く成長していないなんてありません。
些細なことでも構いません。
成長の軌跡を残しましょう。

自己肯定

自分だけは自分を肯定しましょう。
自分に失望してはいけない。
見捨てずに、いつまでも期待を持って一緒に進んでいくことが大事です。

得意なものを持つ

なにかひとつ自分に得意なものがあればそれだけで自信になります。
「これだけは誰にも負けない」みたいなものがなければ作りましょう。
実際に負けないかどうかは別として、それに費やした努力が重要なんです。

Sponsored Link


積極的になる

なにもしなければなにも起きません。
なにも起きなければ得るものもありません。
積極的になると消極的なときとは比べものにならないほどの学びがあります。
同じことをやるにしても嫌々やるなんてもったいないですよ。

シンプルに考える

身長になってリスクを考えすぎると身動きが取れなくなります。
いろんなシチュエーションを想定するのは良いことですがすべてに備えることは不可能です。
あまり物事を難しく考えすぎるのは良くありません。
行動することにリスクも失敗も必ずある。
それを理解したうえでシンプルに考えましょう。

失敗を恐れない

失敗しない人なんていない。
失敗は早いうちにしておいた方がいいんですよ。
あなたの年齢の話ではなく、今か未来かの話です。
失敗から得るものは想像以上だ。

嫌な記憶は忘れる

一度失敗したから次も失敗する、そんな法則聞いたことがありません。
昔の嫌な記憶も、今とはなんの関係もない。
過去ではなく今を生きましょう。

人の目は気にしない

自分が間違ったことをしていなければ、他人になにを言われたっていいんですよ。
人の目を気にして上手くいってもそれは自分のプラスではなく、他人のプラスでしかありません。
誰かに馬鹿にされた分は自分が褒めてあげましょう。

頑張ることをやめない

『頑張る』のはそれだけでいいことじゃないですか。
諦めなければずっと頑張ることも可能です。
頑張らずに自分に自信を持つことなんてありません。

楽しもう

これに尽きます。
自信を持てない人はいない。
やるかやらないか、それだけです。
冒頭でも書きましたが、少しの自信で人生が大きく変わることもあります。
あなたの人生を楽しくできるのはあなたしかいません。

Sponsored Link

 

ピックアップ

  • 自分を変える方法―人生を変えたいならこうしよう
  • 口の中が苦い!変な味がして不快なときの原因 病気の可能性もあります
  • 幸せになる方法は不幸な人生の習慣を知ること
  • 人付き合いが苦手な人のするべき仕事・職業・バイト
  • 眠気覚ましのツボ14箇所―眠くならない方法はこんなにあった
  • このページの先頭へ