Sponsored Link

早寝早起きの効果とメリット8+1―毎日を充実させるために知っておきたい

[ストレス, 生活, 睡眠]
公開日:2015年2月20日

早寝早起き 睡眠 メリット 効果

早寝早起きが習慣になっている人はどれほどいるのでしょうか。
「早起きは三文の徳」
「長寝は三百の損」
というのは広く知られていると思う。

英語圏でもそういった早起きに関する教訓がある。

三文と言えば『少し』の意味だ。
しかし人生は長い。
三文程度の得であったとしても、毎日習慣にしていればどれほどの恩恵が受けられるというのだろうか?

そこで早寝早起きを習慣にすることで得られるメリットとその効果について詳しく見たいと思います。

早寝早起きの効果とメリット8+1

1.余裕を持った生活

朝時間にゆとりがないとどうしてもバタバタしてしまう。
寝坊したときがわかりやすいだろう。
せわしなく家を出る準備をして忘れ物の確認すらできない。
朝ごはんを食べる時間がないかもしれませんね。

逆に早起きした場合には時間に余裕があるためになんだってできる。
1日のプランやスケジュールの確認したり、読書したり、ドラマや映画を観るのもいい。
健康を考えるなら運動をしても良いだろう。

また不意な出来事にも対応しやすくなる。
これのメリットはかなり大きいだろう。

2.精神面の安定に効果を発揮する

現在の日本において社会のストレスが随分懸念されている。
その原因は睡眠を怠っている人が多いからではないだろうか。
それだけが理由ではないにしろ、関係はしていると思う。

早寝早起きは自律神経を整えてくれる。
言葉だけ聞くとあまり伝わらないかもしれないがその効果は素晴らしいものだ。

  • 情緒の安定
  • 不必要に感情的にならない
  • ストレスの軽減
  • 冷静でいられる
  • 依存の抑制

などなど、ストレスに苦しんでいる人は睡眠を見直してみてはどうだろうか。

3.身体能力のパフォーマンスにも影響

精神から身体への影響というのは無視できないものです。
事実、一流アスリートも睡眠にはかなり気を使っている(睡眠だけじゃないけど)。

人間は本能的に運動をしたいと求めているものだ。
精神状態が良いとそれを後押ししてくれる。
運動をした時の身体の軽さに驚くかもしれない。

運動能力以外にも表情筋や眼球の動きなど私生活でも十分にその影響は感じられるだろう。

4.集中力、注意力が増す

仕事や勉強などなにかの作業をする際には欠かせない集中力。
同じ時間内での作業量、つまり作業効率が良くなるのだ。
早起きすることがどれだけ時間を有効に使えるかは歴然である。

集中力が増すということは同時に注意力も増す。
危険を察知するだけでなく、なにか重要な気付きを得られるかもしれない。

Sponsored Link


5.無駄に選択を迷わない・間違わない

早寝早起きをしてみて、まず得られる感覚はその爽快感である。
それは自分の決断の手助けをしてくれるかもしれない。
頭が冴えて意識が明瞭だと「こうするべきだ」という自分の道が見えるかもしれない。

自分の考えがより鮮明になっているために能動的な活動ができ、決断も早く正しいと思えるのだ。

6.より自由な発想を得られる

より良いインスピレーションを得るには本人のコンディションが重要になってくる。
例外的な話をすると寝不足状態で強烈な刺激を受けると新しい知見が得られるケースもある。
しかし長い目で見ると、効率がかなり悪く思考も鈍化してしまう。

外部から情報を取り入れたり、脳内で出来事や思考を抽象化する。
考えればわかることだが、これらは早寝早起きを習慣にしている状態の方が有利なのだ。

7.人間関係、コミュニケーションも円滑に

今までの効果・メリットから社交性にも影響を与えると考えられる。
人との会話は思考が停止していてはうまくいかなくて当たり前だ。
コミュニケーションは「はいはい」言っていればいいわけではない。

人間関係で相手との意思疎通に必要なものは相手がなにを考えているか理解し、考えを共有、共感することだ。
それらに最低限必要な土台は早寝早起きで得られると言っても過言ではない、とぼくは思っていたりする。

8.ポジティブな思考でいられる

十分な睡眠、規則正しい生活はセロトニンの分泌を促進します。
一部では『幸せホルモン』なんて言われていたりしますね。

また高い決断力に能動的な活動ができると、物事に対してうまく対策が取れるようになれます。
自分がどうするべきなのか、どうすれば切り抜けられるのかといった問題対処。
ネガティブにありがちな思考もうまく取捨選択できるようになります。

せっかく早起きしたんだからなにか自分のためになることをしよう。
そういう思考が自分自身や周囲の環境をより良くしていきます。

9.ダイエットにも効果がある!?

恒例ではありますが、早寝早起きダイエットというのが存在している。
なんでも早寝早起きが習慣になっていると痩せる体質になるそうだ。

上記で出てきたセロトニンの他に、成長ホルモンの分泌も促進されてダイエットに適した体質になるのだ。
また早寝早起きを習慣にすると意欲的に取り組めるので挫折しやすい人には向いているかもしれない。

以上が早く寝て早く起きると得られる効果である。
そのメリットは三文どころではない気がしますね。
あなたは実践してみたくはなったでしょうか?

「睡眠が十分にとれていない」
「寝すぎてしまう」
「不規則な生活をしている」
こういった人には是非とも早寝早起きを習慣にしてみてほしい。

Sponsored Link

 

ピックアップ

  • 眼精疲労による頭痛や吐き気の対処・対策でスッキリさせよう
  • 人生やり直したいなら自分改革!4つのポイントを意識しよう
  • 嫌いな人との付き合い方 接し方次第で克服できる?
  • 人の目を見て話せない人は浮いてるかも?原因と対策!
  • 生理前の気持ち悪い吐き気や頭痛の原因!症状をどうにかしたい!
  • このページの先頭へ