Sponsored Link

風邪で咳が止まらない時の原因と対処法―夜でも咳を止める方法

[体調管理, 生活]
公開日:2015年3月3日
最終更新日:2015年5月20日

咳を止める方法

風邪を引いたときに咳が出ますよね。
風邪以外でも咳が出る場合もありますが、夜寝る前になるとひどくなりませんか?

完治していなくても、治りかけると昼間は咳がましになる場合があります。
しかしなぜか夜になると咳が激しくなり、寝たくても眠れなくなってしまう。
そんな経験は誰しもあるのではないでしょうか。

夜に咳が止まらない時にはちゃんとした原因があったのです。
効き目には個人差がありますがばっちり対処法もありますので、これでぐっすり眠れると良いですね。

咳を止める方法は夜じゃなくても効きますよ。

そもそもどうして夜になると咳が出るの?

自律神経の影響

夜になると咳が激しくなる原因は、なんと自律神経が関係していたんです。
自律神経と言えば、交感神経と副交感神経がありますね。

夜になると優位になるのが副交感神経です。
食後や睡眠時などのリラックスした状態が当てはまります。

ぼくたちは昼間に活動していますので昼間は交感神経が優位な状態です。
そのときは咳が出ません。
活発な行動が予想されるので気道が開くんですね。

逆に寝るときは気道が狭くなってしまいます。
リラックス状態の際(とくに眠っている間)には必要な酸素の量が少なくて済みますからね。
気管支喘息持ちだったぼくは、寝るときにだけひどくなる原因が今になってわかりました(笑)

重力の影響

重力と書くとややこしいですね。
大抵の人は眠るとき仰向けだと思います。
そうすると重力の影響で舌や軟口蓋が気道を狭くしてしまうのです。
つまり、力のかかり方が良くないんです。

また眠っている間は、筋肉が弛緩しているので支えることができないんです。
健康なときに仰向きに寝ても、それほど気にはならないだけで気道は狭くなっていたんです。
知りませんでした。

鼻水の影響

仰向けで寝ていると鼻の奥から喉に鼻水が流れた場合も、咳が出る原因になります。
咳というのは喉(気道)にある不要物を吐き出すための反応です。
不要物とは細菌やウイルス、埃や誤飲した異物はもちろん、鼻水もです。

夜に咳がとくにひどいときはこの3つが原因になっている可能性があります。
で、次にどうすれば良いのか。
ここからが咳を止める方法です。

Sponsored Link


咳が止まらない時の対処法

ホットドリンク

ひどく咳き込むときは、喉が乾燥していることが多いです。
喉に潤いを与えるためにもホットドリンクがおすすめです。

なぜ温かい飲み物が良いのかというと、食道と気管は隣り合っているので気管も温まります。

※ホットミルクは痰が絡みやすくなります。

逆効果なのは冷たい飲み物。
冷たい飲み物を飲むと喉に爽快感を与えてくれるかもしれませんが、咳が出ているときは良くありません。

はちみつや生姜、柚子などの抗菌・抗ウイルス作用があるものを使ったドリンクがおすすめです。

ホットレモンジンジャー

レモン ――― 1/2個
おろしショウガ ――― 小さじ1
蜂蜜 ――― 小さじ2
熱湯 ――― 150~180ml

ホット柚子ネード

柚子 ――― 1/2個
蜂蜜 ――― 小さじ2
熱湯 ――― 150~180ml

室温と湿度

湿度が低いと咳がひどくなります。
部屋の空気が乾燥していると喉も乾燥してしまいますから気を付けましょう。
湿度の60%くらいが目安です。

そして見落としがちなのが室温です。
室温が低いと咳を誘発するというのはなんとなくわかりますが、室温は高すぎても低すぎてもダメみたいです。
20℃前後を維持しましょう。

マスクと姿勢

経験上、寝るときにマスクをするとかなり良いです。
マスクは喉への保湿効果も抜群にありますから、寝ているときこそ使うべきです。
鼻水のせいで口呼吸になっても喉が乾かないのはマスクくらいしかありません。

ただ、マスクをずっとつけていると耳の後ろが痛くなるのでガーゼなどを当てた方が良いかもしれません。

次に寝る姿勢です。
咳が止まらない原因に仰向けに寝るというのがありましたね。
そこで咳がひどいときは横向きになって寝ると咳がましになります。
かなり楽になると思いますよ。

漢方薬

お医者さんは風邪で薬を飲まないそうですが、漢方薬を利用することはあるそうです。
咳に効果的な漢方薬3つ。

  • 麦門冬湯(ばくもんどうとう)
    渇いた咳や痰の切れが悪い咳のときは麦門冬湯を飲むべし。

  • 五虎湯(ごことう)
    気管支を広げ、痰を出しやすくして呼吸を楽にします。

  • 麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)
    激しい咳や気管支ぜんそくに効果があります。気管支を広げ、また痰を出しやすくして呼吸を楽にします。

咳を止めるツボ

ツボを押して咳を止める方法ならこの3箇所がよく効きます。

尺沢 孔最
赤い点が尺沢(しゃくたく)と言い、肘の内側の横じわの上にあります。
腕を曲げるとすじが出る横のくぼみです。

緑の点が孔最(こうさい)は尺沢から指四本分手首の方向にあります。

どちらも親指で指圧すると即効的な咳止め効果があります。

天突

天突は鎖骨の間のくぼみにあるツボ。
指圧する方法は矢印のようにぐっと押しやり下方向に力を加えます。
そのまま真っ直ぐ押すと喉が痛く、大変危険なのでやめてくださいね。

天突は気道を緩めてくれるのでかなり楽になります。

⇒『風邪のひきはじめに対策を!喉や鼻の違和感を1日で撃退

まとめ

風邪で咳が止まらない時の対処法、咳を止める方法は以上になります。
ひどい咳が続き、止まらないと喉も傷めてしまうので気を付けてください。
とくに乾いた咳は危険なので水分補給も忘れずに。

また痰が絡んだ咳が出るようなら痰は吐き出しましょう。
痰は塵、細菌やウイルスを取り除いてくれる役目もあります。

Sponsored Link

 

ピックアップ

  • 眼精疲労による頭痛や吐き気の対処・対策でスッキリさせよう
  • イライラしない方法は頭を使うこと―すぐ怒る人も簡単に変われる、かも
  • 虚言癖の特徴と症状―話を盛る人は嘘をつく人になる
  • 自分の好きなことがない!好きなことの見つけ方の簡単3ステップ
  • ネガティブ思考を改善!ポジティブになるには「でも、だけど」
  • このページの先頭へ