Sponsored Link

タバコにもメリットがあるって知ってた?デメリットと比較しよう

[体調管理, 生活]
公開日:2015年3月16日

タバコ メリット デメリット

タバコを吸っている人ってどんどん減っていますよね。
一番大きいのは分煙が進んだことでしょうか。
飲食店でも吸えない時間帯があったり、完全に禁煙になっている場合もあります。
最近はテレビドラマで喫煙シーンを極力映さないようにもしているみたいですよ。

喫煙の描写はタバコを美化させて、それに憧れる人がいる可能性があるためだそうです。

そしてタバコによる健康被害はもう当たり前ですよね。
その一方でタバコにもメリットがあるって知っていました?

タバコのメリット

おいしい

メリットに加えるか少し迷いましたが、おいしいと感じられるならそれはもう幸せなんじゃないでしょうか。
銘柄によって好き嫌いはあるでしょうけど、喫煙者はみなさんおいしいと思っているでしょうね。

「中でも食後の一服は格別の味だ」
と喫煙者のみなさんは口をそろえて言うのだから相当おいしいんだと思います。

モテる…かもしれない

タバコを吸う人に対しての世間の目はどんどん冷たくなっている…ような気がしている。
そう考えるとモテないのでは?と思うかもしれませんよね。
しかし少数ながらタバコ吸ってる姿をかっこいいと言う女性はいます。
とくに女性が喫煙者の場合は彼氏も喫煙者を選びたいものです。

ちなみに女性の喫煙がモテるかと言われれば、かなり微妙、というかモテないと思う。

最後にもうひとつ。
タバコを吸っている状態で付き合い、彼女のためを思って喫煙したらどうだろうか?
もしくは告白するときにでも、タバコをやめる約束をすれば評価は高まる気がする。

「この人、私のために大好きなタバコをやめてくれるなんて…この愛は本物だわ!!」
という感じで、なにもないよりは可能性があがるという意味です。

痩せる

痩せると聞いて反応するのは女性の方が多いと思いますが、メタボ男性も反応するかもしれません。
ニコチンには食欲を抑えてくれる作用があります。
脳の神経細胞に働きかけ、食欲を抑制する信号を出すそうです。

禁煙すると太ったという人がいるのは有名ですよね。

「不健康に痩せる」というのは忘れてはいけませんよ。
「それでも痩せられるならいい」と思う人は是非どうぞ。

リラックスできる

タバコに含まれるニコチンにより怒りや鬱といったネガティブな感情に良い影響を与えてくれるようです。
とくに怒りを鎮める沈静効果が示されている。
これらはニコチンパッチを使った実験からもわかっていて、タバコを吸うと心を落ち着かせてくれる効果があります。

今まではこう言われている内容が多かったんですね。
しかしこれは誤りであるというのが最近の論調です。

どういうことかというと、タバコを吸うようになると常に怒りっぽい状態になる。
タバコを吸いたくてイライラしている状態でニコチンを摂取するとリラックスできるため、怒りを鎮める効果があるというわけなのです。

ぼくにはどっちが正しいのかわかりませんが、脳はどんどん解明されているので後者が正しいような気がします。
その場合、これメリットじゃなくなっちゃいますね。
一応どちらの意見もあるのでメリットとして載せておきました。

Sponsored Link


やる気が出る

タバコを吸うとやる気が出るというのは本当です。
ニコチンがアドレナリンの分泌を促すみたいですよ。
即効性はかなり強いので、すぐにやる気を出したいときにはまさに打ってつけ。

また覚醒作用を利用すると眠気覚ましにも使えます。

ただし、たばこを吸っている人が、そうでない人に比べて効率よく仕事をするかと言うとそうでもありません。
気分転換に使えるという程度でしょうか。

空いた時間の暇つぶし

電車や飛行機を利用する際にどうしても時間が空いてしまうときがあります。
そんなときにタバコが吸えると待ち時間を退屈だと感じることもないでしょう。
空いた時間に何をしようかと気にする必要もありません。

むしろ空いた時間に感謝するかもしれませんね。

コミュニケーションツール

タバコを吸うと交流が深まるという大きなメリットがあります。
これは本当にそのとおりなんです。
そして分煙が進んだために、一緒のスペースでタバコを吸うことになります。
そんな中でわざわざ険悪なムードになるのはほぼ有り得ません。

そしてみんなリラックスしている状態ですよね。
普段心を開かない人でも開いてしまうんです。
人間関係を築くのが苦手な人はタバコがきっかけに仲が深まるケースも多かったりします。

統合失調症に良い?

カナダにあるクイーンズ大学のRuth Barr博士率いる研究チームにより、ニコチンを摂取すると統合失調症の症状を一部改善する効果が発見されています。

統合失調症の患者はニコチンを摂取することにより集中力や記憶力などの機能向上や衝動的行動の改善がみられた。
引用元(英語)

実際に統合失調症患者の喫煙率は80~90%ほどなんだとか。
「つまり統合失調症に罹るとタバコを吸えばいいんだな」というわけでもありません。
治療のために投薬をしている場合には、薬の効果を下げてしまうというのです。

タバコを吸うとどうなるかというと、抗精神病薬の濃度が下がってくるというか、ある意味で効きが悪くなることが知られているのです。
引用元

まとめ

タバコを吸うメリットはいかがでしたか?
「大したメリットじゃない」
そう思う人が多いかと思いますし、ぼくもそう感じます。
タバコを吸うメリットなんてその程度だということです。

それ以上にデメリットの方が大きいですよね。

タバコのデメリット

  • 健康に悪い
  • 臭いや体臭
  • 肩身が狭い
  • 歯が汚くなる
  • お金がかかる
  • 味覚が鈍る
  • 部屋が汚れる
  • 老化を促進させる
  • 時間の無駄
  • デメリットだらけじゃねーか!!!

Sponsored Link

 

ピックアップ

  • 歯ぎしりの原因はストレスや疲れだけじゃない?性格との関係も?
  • 汗っかきの原因と改善 対策を取れば誰でも治すことはできる?
  • 食欲を抑える方法9通り!食べ過ぎてしまう人は試してみて
  • 口の中が苦い!変な味がして不快なときの原因 病気の可能性もあります
  • しっかりした責任感を持つ方法―責任感がない人は不幸になる
  • このページの先頭へ