Sponsored Link

一人暮らしで寂しい時は男性でも女性でも、誰だってあるんだ!

[how-to, コミュニケーション, ストレス, 生活]
公開日:2017年10月21日

無題

一人暮らしって自由で開放的で、さらに自由で開放的なところがとても素敵ですよね。
なにをやっても怒られないし、やるべきことをやらなくてもうるさく言われることがありません。

もちろんなにをやってもというのは近隣の人に迷惑をかけていいわけではないし、違法な犯罪行為をしていいわけではありません。
それにやるべきことをやらなければ、そのツケは自分に返ってきます。
良いところがあっても、それに甘えてばかりでは自堕落な生活になってしまいますし、あまりよろしくはありません。

でも今回は一人暮らしだろうとしっかりしろと言いたいわけではありません。
一人暮らしは縛られなくて楽しくて超ウルトラハッピーってだけではないんです。
掃除や洗濯、食事などの家事は自分でしなければいけません。
それになにより寂しいのだ!
ふとしたときにとてつもなく、寂しさを感じてしまうのである。

一人暮らしは結構寂しい

一人暮らしはずっと寂しいわけではないけれど、ふと寂しくなる時があるんです。
ぼくも経験があります。
寂しいのはあなただけではないですよ。
男性でも女性でも、ふとした瞬間に寂しさを感じるのは普通です。
どんなときに寂しくなるのでしょうか。

病気になったとき

風邪をひいてしまったり、なにか病気に罹ってしまって普段のように元気がないときは心身ともに弱ってしまいます。
そんなときでもご飯は自分で用意しないといけないし、ゴミ出しだって自分でしないといけない。
こんなときに素敵な恋人でもいてくれたらな……。
あんなに口うるさかった母親だったけど、毎日ご飯作ってくれてたな……。

なんて思うかもしれませんよね。
いや、でも本当に風邪ひいてなんにもしたくないときとか、寝込んでしまってなにもできないときは寂しいです。
寂しいというか辛い。
誰かそばにいてほしいってなりますよね。

辛い経験をしたとき

これも病気ではないんですけど、ショックな出来事の影響で精神が弱ってしまう時ですね。
恋人と別れたり、仕事でミスをしてしまったり、友達と喧嘩してしまったりいろいろあると思いますけど、この場合も寂しさを感じます。
寂しいっていうよりも一人でいるのが落ち着かないのかもしれません。

個人的にこういうときは一人でいた方がいいと思っていますが、それでも寂しいものは寂しい。
無性に誰かに会いたくなる気持ちもわかります。

楽しい時間が終わったとき

みんなと飲み会をして、たくさんはしゃいで帰宅するものの、一人になった瞬間めちゃくちゃ寂しいと思う人は結構います。
それ以外にも実家に帰省してみると、やっぱり久しぶりに帰る実家はやっぱり落ち着くし居心地が良いと誰しもが思います。
久しぶりに会う家族も、うれしいのか以前より優しく接してくれる気がします。
そのあとに一人暮らしの部屋に戻ったら、猛烈に孤独感を感じて結構寂しいんですよね。

これはすっごくわかります。

夜に突然

なにがあったわけでもなく、なんだか突然寂しくなる。
改めて、独りぼっちなんだなと感じて、妙に人肌が恋しくなります。
夜ごはんにひとり鍋をして唐突に覚えるぼっち感。

うーん、辛い。
でも寂しくなるのって夜が多いですよね。
昼間に寂しいって感じるのは男性も女性もそこまでいないと思います。

寂しいのは夜が多いという大発見をしたのはいいのですが、そんなときにどうすれば気を紛らわせられるのでしょうか。

Sponsored Link


寂しいときってみんなどうしてるの?

結局は気軽に遊べる友達がいなかったり、遠慮なく接することが可能な友人がいないのが原因なんですよね。
でもそれって仕方ないといえば仕方ないんです。
一人暮らしってのは引っ越しているわけですから、基本的には馴染みのない場所に移動しています。
そこにすっごく仲の良い友人がいるパターンの方がレアケースですから、友達がいなくて当たり前です。

それに大人になるにつれて、交友関係は広くなる場合が多いので、どうしても浅く広くなってしまう傾向にあります。
また物分かりがいいと言っていいのかわかりませんが、その人にはその人の生活があるから遠慮してしまいがちです。
他にも、逆の立場になって「ガツガツ来られるとうざいよな」と考え、自分がそうならないように気を付けている可能性もあります。

では一般的にみんなは寂しいときにどう対処しているのでしょうか。
多分、一般的に言われている対処法ってこんなのが多いです。

  • テレビをつける
  • 音楽をかける
  • SNSなどで誰かしらと繋がる
  • ペットを飼う
  • コミュニティに属す
  • 趣味

だいたいこんな感じでしょうか。
どれも良いと思いますが、個人的には寂しいという感情に対して、とくに対処しなくていいんじゃないでしょうか。
そもそも一人暮らしをしていて寂しいと感じてどうするか、どう捉えるかだと思うんです。

要するに、それって自分を見つめなおすチャンスじゃない?

寂しさは一人に慣れる練習でもある

寂しさを感じたときに、その感覚をどう捉えるのかはすごく大事だと思います。
単純に「寂しいなー。構ってほしいなー。誰か相手してくれないかなー」と他者に求めてしまうのはあまり良くないと思います。

今って繋がろうと思えば誰とでも繋がれるし、むしろ外とのやりとりの方が多いです。
つまりはインターネットにさえ繋がっていれば、リアルタイムなやりとり以外にもいろんな情報が入ってきますし、コンテンツで溢れかえっていますよね。
どれも楽しいし、飽きさせない工夫がされていて、中毒性があります。
寂しい以外に暇さえあれば、そこにアクセスしてしまう仕組みになっています。

そういったものに時間を奪われるよりは、先ほど列挙した中では趣味に時間を使うのを推したいですね。

あと寂しいと感じたときに内省するのもいいですよ。
今は良くも悪くも世の中の流れが速いので、周りにばかり目を向けていて自分を見ていない人が少なくありません。
そんなときの寂しさというのは、むしろ自分から自分への信号なのかもしれません。

孤独というのはとても貴重な時間です。
ネガティブに捉えずに、もっとプラスに捉えてみても面白いと思います。

Sponsored Link

 

ピックアップ

  • 信用できない人の特徴・信用してはいけない人との付き合い方
  • 人前で緊張しない方法9つ 対策とコツは意識するだけでも効果がある
  • 朝の吐き気の原因はストレスだけ?「気持ち悪い」を改善しよう
  • 早寝早起きの効果とメリット8+1―毎日を充実させるために知っておきたい
  • 劣等感を克服する方法―心が弱い人は陥りやすい悩み
  • このページの先頭へ