嫌われる人の特徴・性格 人に嫌われる前に知っておきたいこと8つ

[how-to, コミュニケーション, 性格]
公開日:2015年3月20日

Sponsored Link

嫌われる人の特徴 性格

どこへ行っても嫌われるという人がいたとしたら、いったいどんな人でしょうか。
あなたの周りにも嫌われている人はいませんか?
嫌われる人の特徴や性格を知っておかないと、自分も嫌われてしまうかもしれません。
そこまで気にする必要もありませんが、知っておいて損はないと思いますよ。

そして最近なんだか周りの友達に嫌われているかも?と不安な人は、自分に嫌われる要素がないのか確認してみてはいかがでしょう。
思い過ごしではなく本当に嫌われていても自分の特徴や性格を変えれば万事解決です。

嫌われる人の特徴・性格

自己中

一部では嫌われる人の代名詞とも言われている自己中。
自分が良ければそれで良いというスタンスなので、物凄くわがままです。

自分を中心に考えてしまうので、ほとんど自覚していない。
「いやいや気付こうよ」という意見があるのもわかりますが、「人の気持ちを考える」と教えてもらえなかった可哀相な人なのかもしれませんね。

自慢話が多い

人の自慢話って基本的に面白くないんですよね。
それを延々聞かされたら、相手を嫌いになる気持ちもわかります。

自慢話が多いのは自己顕示欲の塊です。
必要以上にプライドが高く、自慢話だけが原因ではない場合も十分あります。

上から目線で口調がきつい

偉そうに指摘されると、指摘された内容よりも言い方がむかつきますよね。
もちろんこっちまで感情的になるのは良くありませんが、相手に対しての嫌悪感は残ります。

気にしなければいいこともありますが、もう少し配慮してほしいときもあります。
ストレートに指摘しすぎると傷ついてしまう人もいるんですよね。

怒鳴り口調なんかは本当に勘弁してほしい。

人の意見を否定する

人の考え方や発言を逐一否定する人がいます。
逐一は言いすぎました。
ですが否定が多い人は結構嫌われます。

人の意見を否定するのは簡単ですから、自分の考えをただ言いたいだけなのかもしれません。
もちろんあえて逆の考えです。
捻くれている人ほど素直に賛同できないのでしょう。

コミュニケーション技法に「ノーセット」というものがあります。
相手に繰り返し「ノー」と言わせて、反意を促し誘導する結構難しい技術です。

あれと同じで、否定する癖がついている人は基本的に否定してしまいます。

悪口や文句ばかり言う

誰かの悪口や陰口で盛り上がろうとするレベルの低い人がいます。
そういう人ってすごく楽しそうに悪口を喋るんですよね。
間違っても一緒になって言ってはいけません。

盛り上がるならもっと建設的な話で盛り上がりたいものです。

文句ばかり言う人も疲れますよね。
粗探ししすぎて「すごく細かいところまで見てるんだな」と感心さえします。
ほとんど文句が言いたいだけになっているので、嫌われてしまうわけです。

言い訳ばかりして認めない

言い訳が上手い人っていませんか?
でもそれ、本当に上手く言い訳できているんでしょうか。

基本的になにかあったときに認めたくないという気持ちはわかります。
わかりますが、認めてしまった方が良いんです。
潔さは全然かっこ悪くありませんし、むしろ下手な言い訳の方がださい。

「おれが間違ってた。ごめん」というように、謝るべきところでしっかりと謝れる人は嫌われない。
引っ込みがつかない状況というのは誰にでもありますから、これは心に留めておきたいですね。

Sponsored Link


ネガティブすぎる性格

自分に自信がなく物事を悪い方にばかり考えてしまう人は要注意です。
周りの人も最初はアドバイスをしてくれたり、なんとかしようと助けてくれるかもしれません。
しかしネガティブすぎると周りの人たちをもネガティブにしかねません。
意図してやっているわけではないんでしょうけど、一緒にいても楽しくないですからね。

嫌われてしまう前に前向きになるように努力する。
努力するために頼られるなら周りも嫌ったりはしないはずです。

気を使いすぎる性格

気を使っていれば嫌われない、そう思っている人もいるかもしれません。
もちろん気遣いができることは素晴らしいです。
しかし気を使いすぎる人は保身なんですよね。
好かれる言動ではなく、嫌われない言動。

この特徴で嫌われる原因は、表面上取り繕っているのが恐らくばれているからです。
もしくはもっと自然な付き合いをしたい人からすれば、しんどいと感じてしまうんですね。

してもらうだけの人

「見返りを求めてはいけない」
そんなのはわかっていますが、してもらうばかりの人を嫌う人は意外と多いんです。
まずお礼を言ったらチャラと思っている人がいますね。
そしてお礼すら言わない人もいるんです。

人になにかしてもらっても何も感じない、してもらって当たり前な人は嫌われてしまうんです。

まとめ

以上、嫌われる人の特徴・性格でした。
嫌われる人でも、そうでない人も共感力を気を付けてさえいれば人間関係も円滑になります。
人はコミュニケーション能力を発達させてきました。
言語を通じて理解したり、表情や行動から相手の気持ちを読み取れます。

しかし最初から誰とでもコミュニケーションがうまくできるわけではありません。
嫌われないためにも、好かれるためにも相手の気持ちを理解しようとする心が大切です。

Sponsored Link

ピックアップ

  • 勉強したくない!勉強のやる気を出す方法を上手に使おう!
  • 孤独感や疎外感を克服しよう―寂しさの解消方法10選
  • 眠気覚ましの方法12個―眠いときに目を覚ますならやるしかない
  • 基礎代謝を上げる方法12選―代謝が悪い人も簡単に改善できる
  • 無気力の原因と改善する方法 楽しく生きたくないの?
  • Sponsored Link

    このページの先頭へ